過活動膀胱炎とは

膀胱が過敏になり尿が十分に貯まっていないのに自分の意思とは関係なく膀胱が収縮してしまう病気です。このため突然トイレに行きたくなる、トイレの回数が多い、間に合わず漏れてしまう(切迫性尿失禁)などの症状がでます。
日本では40歳以上の男女の8人の1人(12.4%)が過活動膀胱の症状を持っていることが報告されており800万人以上の患者がいるといわれています。
薬物療法(抗コリン薬・β3作動薬)や行動療法(膀胱訓練・骨盤底筋体操・飲水指導など)を組み合わせた治療を行います。