閉経関連性器尿路症候群(GSM)とは

閉経後の女性ホルモン(エストロゲン)低下に伴う外陰部・膣・下部尿路の萎縮とそれに伴う様々な症状のこと。

  • 性器に関する症状…陰部のかゆみ・痛み、においのある帯下、性交時の痛みなど
  • 排尿に関する症状…頻尿、尿もれ、排尿時の痛みなど

治療はホルモン補充療法や潤滑剤・保湿剤などが中心となりますが、血流を改善する骨盤底筋体操も有効です。